スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


三角関係のススメ

タイトル見てドキっとした方!
別にあなたのことではありませんよ〜(笑)

最近、僕は特に仕事の分野で、この「三角関係」を
意識的、無意識的に関わらず使っているような気が
するのです。

というのは、何らかのプロジェクトを遂行する時、中心に
なるメンバーが「3人」だと、比較的スムーズに物事が
展開することがあるからです。

昔から「三人寄れば文殊の知恵」とも言われますが、
この「3」という数字は、スピリチュアルな世界でも好んで
使われます。

三位一体、三種の神器、東方の三博士、第三の目なんて
のが代表的でしょうか。

例えば、プロジェクトの企画なんかやっていても、2人だと
最初は意気投合してノリで「アレやろう」「コレもやろう」という
感じになるのですが、最終的になかなか進展しない。

はたまた4人だと、どうも2対2の対立関係が生まれて、
なかなか話がまとまらない・・・。

ところが、3人だと2人が対立しても、必ず1人が仲裁に
入ったり、2人が暴走しても、1人が冷静に引き戻したりし
ながら、ドンドン話が展開して行きます。

特に1人が発想力、1人が構成力、1人が行動力という
性質を発揮すると、思いのほかプロジェクトの発展が
スピードアップするような気がするのです。

これは「3」という数字にスパイラルのエネルギーがある
からなんだと思うのですね。

陰陽という拮抗する二つのエネルギーに3点目の支点(視点)
が加わるとコンパスやコマのように回転するスパイラル
のエネルギーが生まれます。

僕らが住むこの3次元世界に何らかのカタチを創造する
ためにはこのスパイラルのエネルギーが必要なんですね。

ちなみに、古代の日本には三輪山信仰みたいな三角の
ピラミッド型の山を信仰する伝統があります。

それらの信仰は、だいたい「蛇信仰」とも絡んでいて、
トグロを巻いた蛇というスパイラルと三角形の山を
象徴的に重ね合わせたシンボルとなります。

また、西洋の神秘主義では、最近ダ・ヴィンチ・コードでも
有名になりましたが、逆三角形を子宮のシンボルとして、
聖杯のイメージを喚起することもあるようです。

子宮はまさに、この3次元世界に肉体(カタチ)を生み出す
場でもあり、赤子はスパイラルを描きながらこの世界に
誕生します。

つまり、この世界に新たなカタチを生み出すプロジェクトに
取り組むときは、この「3」というスパイラルのエネルギーを
利用すると比較的スムーズに事が進むという訳なんです。

しかし、気をつけてください!

スパイラルは、凝縮(創造)と拡散(破壊)の2種のエネルギー
があります。

安定した二人の関係に、もう1人の影が忍び寄ると・・・。
たちまちドラマティックな世界に進展してしまう事は、どなたでも
経験のあることではないでしょうか(笑)

三角関係は、どっちに転ぼうが動力源なのです。

☆***********************************************
レイキ=大宇宙のエネルギーと共に暮らす、スピリチュアルなライフスタイルの提案
anubis22のサイト:「太陽レイキ」

TAUENERGY

TAUENERGY
「TAUENERGY」

箱舟 箱舟2
「箱舟」

陰陽田植え 陰陽田植え2
「陰陽植え」

元祖常連さん 元祖常連さん2
「元祖常連さん」

現代的早乙女論
「現代的早乙女論」

アジア山
「アジアさん」


いにしえーション田植え

いわゆる儀礼とか儀式とかって、戦後の高度経済成長時代には
あんまり流行りませんでした。
なぜかって言うと、単純に言えば近代的合理精神に沿わない
からでしょう。

田植えなんてのも、まさに近代的合理精神、技術革新、資本主義的
観点から言えば、「手植え」なんてまどろっこしいことはやって
られない訳です。

儀式や儀礼ってのは、それが神話世界とシンクロしていることを
認識しないと単なる形式主義にしか見えません。

もともと「田植え」って言うのは、もちろんお米の生産過程の初期的
段階ですが、昔は同時にお祭りであり、儀礼であったと思うのです。

お祭りってのは神様を奉ること、儀礼ってのはイニシエーションで
新に生まれるための擬似的再生の試みです。

以前にも書きましたが、「タネ」を「テ」でうえるという行為は、
大地(女性)への生殖行為の神話的イメージの投影です。

みなさん女性に対して、ごっつい機械でガンガン攻めたいですか?
まぁそういう男の幻想が近代の合理主義を創りだしてきたということも
多分にいえるのですが(笑)

ですからイニシエーション的田植えってのは、やはり沼地に直接足を
ゆっくり突っ込んで、「手(たなごごろ)」で優しく大切に「タネ」を植えて
あげることに意味があり、それは合理的精神とは別の次元である
神話的精神世界だということなのです。

原因と結果の法則というものがあります。

「田植え」が原因であるとすれば、「稲刈り」が結果ですね。

しかもより源流である「棚田」で「田植え」をすれば、そしてより神話的
精神世界である「儀式的な手植え」をすれば、下流である物質世界
での多くの実り(結果)は約束され、あなたの豊かな人生を導きます!

というわけで、今年も「田植え」に行きます!
去年は、新潟県池谷の棚田でしたが、今年は栃木県茂木町の棚田へ行きます。

新宿から専用バスで日帰りで行きますので、棚田で田植えがしたい方
5/17日、ぜひ一緒に行きましょう!

■詳細はこちら→ http://www.tanada.or.jp/2009/04/19/motegi090517/

こ、告知かよ〜 というか、どんな誇大妄想告知文なんだ・・・。

「ずずき」はやめられない!

「頭突き」じゃありません、「図好き」のことです。

最近、仕事で細かなデザインを頼まれる事があって、フリーの
ヘナチョコペイントソフトでは限界をかんじてきたので、いよいよ
「イラレ(Adobeのillustrator)」に取り組むことにしました。

そこで、練習がてらに昔書いた「サトル・マクロビオティック」の
概念図を書き直しているのですが、これが面白くて時間を忘れて
しまいます(笑)

僕は、もともと何かと「図」を画くのが好きなんです。それも数学の
公式的なものじゃなくて、なんとゆうか抽象的概念を構図におこす
のがたまらなく好きなんです。

それが「イラレ」だとドンドンできちゃうのでとても楽しい!

今日は、最近作った図版の紹介です。

■Yin-Yang Life Cycle

陰陽ライフサイクル

絶対界、魂、肉体の生と死をサトル・マクロ的に公式化したもの
詳細はこちら→http://www.t-reiki.jp/2009/03/19/macrobi-5/

■精妙な受信器としての身体

精妙な受信器としての身体

桜沢さんのCIのシンボルマークをチャクラ使用にカスタマイズ。無限界への
アンテナは、実際にはエッフェル塔だけどね。
詳細はこちら→http://www.t-reiki.jp/2009/03/14/macrobi-4/

■Yin-Yang Spiralとリンゴモデル
Yin-Yang Spiralサトルマクロリンゴモデル

オーソドックスな陰陽スパイラル図とサトル・マクロビオティックの基本
リンゴモデル。両者ともチャクラのイメージを投影。
詳細はこちら→http://www.t-reiki.jp/2009/03/11/macrobi-2/

■サトル・マクロビオティックのロゴ
サトル・マクロビオティックロゴ
無意味にロゴをつくってみました。リンゴは人類の根源的シンボルなんだよね。
詳細はこちら→http://www.t-reiki.jp/2009/03/08/macrobi/

内容はいつものまんまで小難しいです(笑)
別に図があるからって解り易くなるわけではないところが味噌なんだね(笑)

☆***********************************************
レイキ=大宇宙のエネルギーと共に暮らす、スピリチュアルなライフスタイルの提案
anubis22のサイト:「太陽レイキ」

あなたは一体何者なの?

Taiyo Reiki サイト

ブログ更新が滞ってる理由は?

久しくほったらかしにしていた自分の本サイトのリニューアルに着手して
いたからです。

若干「怪しさ」を取り払って、爽やかにしたつもりですが、内容が内容だけに
やはり如何ともしがたいです(笑)

そして、リニューアルのついでに、あの伝説(?)のブログ「Natural Magic Net
で連載していた超マニア向け「サトル・マクロビオティック」のコーナーを
別冊として設けてみました。

これは、僕が今イラストレーターを体得中なので、何か題材はないかと思い
昔たくさんの図を描いたサトル・マクロを書き直そうと思いたった、ごく私的
な理由からの連載です。時々更新するつもりです。

さて、最近というか昔から「anubisさんは何者ですか?」とか、「本職は
何ですか?」とかよく聞かれるのですが、これは僕にも分かりません。

レイキのティーチャーももちろんやってますが、サイトの構築から更新、
コンサル、ロゴのデザインやコピーを作ったり、エクセルで定型書類を
作ったり、弥生会計で入力もすれば、クリアリングと称して事務所の掃除
まで請け負ったこともあります。

はたまた、お金になるかはわからないたくさんのプロジェクトに参加
しており、ついでに世の主婦以上に、有能な主夫でもあります(笑)

つまり何でも屋であり、何でもないのです・・・。

というか、僕がやる仕事が、僕の仕事なのです。
と言う訳で、面倒なので、みんなひっくるめて屋号を今年から
「anubis works」にしてしまいました。

だから業種は?って聞かれても困るのですが(笑)

これからも高次元のネットワークを利用して、聖霊と共にたくさんの
仕事をしていきます!

皆様、今後ともよろしくお願いします。
ちなみに、もうすぐ本サイトには、自分の顔写真をのっけます。
別に予告するほどのものではありませんが(笑)

☆***********************************************
レイキ=大宇宙のエネルギーと共に暮らす、スピリチュアルなライフスタイルの提案
anubis22のサイト:「太陽レイキ」

コンサバでフェミニンな棚田・・・か?

雑誌miss0903僕のブログには、ほど似つかわしくない表紙です(笑)。

しかし、先日もっと似つかわしくない場所で、このピンク色の雑誌を見つけました。

僕は、4年前より、日本の棚田を保全するNPO団体でWebや会報の構築や編集を行なっているのですが、先日いつものように事務所を訪れると、全くその空間とフィットしていないこのファッション誌が、机の上に置いてあるではないですか・・・。



若いボランティアの女の子が置き忘れたのかなと、おもむろにその雑誌を
手に取るも、いやぁこの団体に、こんなコンサバOL志向の人はいないだろう〜
と疑問に思うのでした。

そして、ふとその雑誌の後ろの方のページに付箋があるのに気づきました。

そのページを開いてみると、ななんと、僕がいつも操作している見慣れた
棚田のWebサイトが紹介されているではないですか!

しかし、ナチュラル系のファッション誌や「FRaU」ならまだしも、なぜに
棚田とまったく縁のなさそうなコンサバ、フェミニン系雑誌「MISS」に!

じ・つ・に・面白い・・・。

まぁ、ネタを明かせば、昨今のセレブの条件は、チャリティー&ボランティア
に精を出すことが必須。みんなセレブに見習らえ〜ってな感じで、日本の
チャリティー・ボランティア系のサイトの紹介しているわけね。

ともあれ、僕がマクロビオティックの業界にいる時も、まさか「an・an」や
その他大手ファッション誌に載る時代が来るなんて夢にも思わなかった。

ましてや「棚田」が大いなる誤解とはいえ、こういったファション誌に
紹介される時代が来るなんて感無量です(笑)

まぁ、渋谷のギャルが農業をやったり、新進気鋭のデザイナーが農業志向
だったりする時代なので、それも全然不思議じゃないですよねぇ。

多分、これから「棚田」は、日本の自然と協調した得意なデザイン性と
しても注目を浴びるようになるでしょう。

人工物と自然物の境界が曖昧なデザイン

これは形のデザインだけにとどまらず、精神性のデザインとして
これからの世界のヒントになることでしょう!

■NPO法人棚田ネットワークWebサイトはこちら
http://www.tanada.or.jp/(今リニューアル中にて、ちょとゴチャゴチャしてますが・・・)

源流の守り人

最近思うことを、つれづれに書いてます。
なんか日記ぽくなってきました(笑)

さて、棚田と桜沢如一。
まったく関係ないようでも、一つのキーワードで
つなげることができると思います。

それは、「源流」ということ。
日本の稲作文化は、おそらく一つの「棚田」から
始まったと思います。

同じようにマクロビオティックも、「桜沢如一」という
一人の人から始まったと言えます。

一つの小さな源流から、時間をかけて大河や様々な
支流を形成し、下流の多くの人達に恩恵を与えます。

大河や様々な支流は、広範な人達に、広範なニーズに
答えるだけの豊かなバリエーションを備えています。

それに対し「源流」は、決して広範な人達のニーズに
答える場ではありません。

棚田は、平地の田んぼに比べ、生産効率や経済性が
低く、労働条件も過酷です。

じゃそんな面倒な棚田は放棄して、平地でお米を作り
ましょうという時代に至るのですが、それはまさに、
「源流」は放棄して、大河や支流だけを存在させましょう
と言っていることになります。

賢明な皆さんはお解かりのうように、「源流」がなければ
大河や支流もいつかはなくなります。

「源流」と「大河」は、一対の陰陽です。

単純に言えば、源流は一点の収縮点である陽性、そして
大河や支流は、拡散する陰性かもしれません。

棚田の維持は、確かに大変です。同じく桜沢如一の思想は
難解で理解するのが大変かもしれません。

でも、そういった難題に取り組む少数の守り人は、いつの
時代でも必要なわけです。

そう、少数でいいのです。

多数の人達に理解してもらう必要はありません。

少数の人が、使命感を持って、源流を守っていれば、
常に大河や支流に豊かな恵みが流れるのでしょう。

☆***********************************************
レイキ=大宇宙のエネルギーと共に暮らす、スピリチュアルなライフスタイルの提案
anubis22のサイト:「太陽レイキ」

おにぎりCafe、改めおむすびCafe

11月22日(土)に僕が仕事で関っている団体のイベントがあるのですが、
そこで、おにぎりCafeをやることになったんです。

4地域の棚田米を「輪島の塩千俵」で握る塩にぎりと新潟の十日町池谷
と岐阜の恵那のお母さんがつけた自家製漬物とお茶というシンプルなセット
なのですが。詳細はこちらへ→http://www.tanada.or.jp/tanafes/

開催近くになってどうも気になることが出てきたんです。
今回のイベントのテーマは「わ」なんですね。

「輪」「環」「和」「話」「ワッハハ」とか色んな意味を込めてるんですが、
やっぱり「わ」といえば、「にぎる」じゃなくて「むすぶ」でしょ。

以前自分でも書いていました「anubis的結ぶ・握る論」
久々に再録します(笑)

☆ ☆ ☆

友人H:お寿司はどうなるんでしょね??あれは「結ぶ」ってより「握る」
ですもんねー

さて、「おむすび」と言うか、「おにぎり」と言うかについては、方々で
色々な説が言われていますが、そもそも「結ぶ」と「握る」にはどんな違い
があるのでしょう。

端的に言って、私は「結ぶ」は陰陽調和の原理を表した言葉だと考えます。
つまり右と左に象徴される二元性の統合を表しています。
それに対して、「握る」はむしろ、一方の手に重心がおかれているのでは
ないでしょうか。

お寿司を「握る」場合、主に左手で握り、右手はそえる程度のバランスですね。
このエネルギーのバランスで創造されるお寿司は、あくまでネタが主役で、
しゃりが脇役といったドラマチックな食べ物になります。

一方ごはんを「結ぶ」場合、これは宇宙の創造モデルです。
左(陰)と右(陽)というエネルギーが同じバランスで結ばれます。
ここでできる「おむすび」は、中心核に具(たとえば梅干し)という陽性を
囲むように陰性なごはん、そして外皮である海苔という星から原子まで
共通する宇宙の元型モデルを表します。

「おむすび」においては、具である梅干しやごはんは主役でも脇役でも
ありません。陰と陽の調和したバランスのシンボルなのです。

つまり「おむすび」には、宇宙の創造のからくりが記号としてシンボライズ
されている。これを「オムスビ・コード」とい言います(笑)

また、「結ぶ」と「握る」を挨拶に置き換えてみても面白いです。

西洋の世界では、「握手」で挨拶をします。
これは一般的には片手同士で握りあう訳です。

言ってみれば、もう一方の手は実は隠しているんです。
ですから、「握る」には「権力を握る」だとか「握りつぶす」だとか、
ちょっと穏やかでない雰囲気も醸し出しているんですね。

政治家が民衆に「握手」したがるのは、支配欲の現れでもあるかも
しれません。

「権力を結ぶ」とか「結びつぶす」とは、あまり言いません。
「結ぶ」はむしろ「同盟を結ぶ」とか「条約を結ぶ」に使いますね。

東洋の世界になると、挨拶は「合掌」になります。
これは両手を「結ぶ」ことによって、完全である「私」が、完全である
「あなた」と出会えたことを神様に感謝する行為だと言えます。

この場合隠すものはないわけです。

スポーツと相撲でも比較できます。

プロレスなんかは握手からはじめますが、相撲には握手の概念はありません。
日本は「結び」の文化なんですね。よくお相撲を観察してみてください。
そこかしこに「結び」の原理が現れています。

こう見ていくと、「おむすび」と「おにぎり」だと大分印象が変わってきます。

最近「おにぎり」という方が一般的になってきたということは、日本も
バランスが崩れ始めたということでしょうか?
具が肥大して主役になり、ごはんが脇役になっていませんか(笑)

2007年4月18日『旧Space Cooking』に掲載
☆ ☆ ☆

まぁどっちだっていいっちゃいいんですが、何となく担当者に訳も話さず、
「おむすびCafe」に変更しましょう!と開催5日前にして半ば強引に店名を
変えさせるanubis22でした(笑)

【第3回東京棚田フェスティバル】
http://www.tanada.or.jp/tanafes/
おむすび食べに来てね。(購入者には雑穀スティックもプレゼント!)

☆***********************************************
レイキ=大宇宙のエネルギーと共に暮らす、スピリチュアルなライフスタイルの提案
anubis22のサイト:「太陽レイキ」

新米の季節は忙しい訳

久しくジョニー以外の日記がおろそかな訳。

それは新米の季節だから…。

皆さん、もう新米は食べましたか?

僕は、なぜか新米の季節は忙しい。農家でもないのになぜかって。
それは過去世の因縁か、なぜかお米に関わるお仕事が多いから。

最近お米に関わるサイト制作、リニューアル、カスタマイズで
忙しくしております。

【第3回東京棚田フェスティバルの特設サイト】

第3回東京棚田フェスティバル特設サイト 11月22日に行われるNPO法人棚田ネットワークのイベント特設サイト。これは手馴れた「Wordpress」をCMSに使って簡単に創ったものです。今回はサイト創りだけでなく、企画にも少し参加。司会やアートパフォーマンスを友人に依頼しています。合計20箇所以上の棚田米が集まりそう。おにぎりカフェもあるので、興味ある人ぜひ遊びに来てください。

【米・玄米通販のらいすママのショップサイト】

米・玄米通販のらいすママ こちらは、川崎を中心にチェーン展開するお米屋さんのショップサイト。もとのサイトがホームページビルダーで制作されていたので、管理を任せれたときテーブルレイアウトで自由に動かせない(泣)。仕方なく、全面リニューアルを敢行。サーバー的にCMSを入れられないので、DREAMWEAVER で1ページずつシコシコ創り直しているので、まだ完了してません。安心・安全がモットーの良心的なお米屋さん。玄米も豊富に扱ってます。

【らいすママ店主のブログ】

らいすママ店主のブログ 同じく、そのお米屋さんの店主のブログ。こちらは、Fc2ブログを簡単にカスタマイズしたもの。(まだIE6で見る方はレイアウトが崩れます)

ブログシステムはPHPで書かれているものに限りますね!僕がWordpressやこのJugemブログを使うのもみなPHPで書かれているシステムなので、反映がとにかく早いのだ。
そろそろ自分でもPHP言語を覚えたいと思ってます。

と言うわけで、農家でもないのに新米の季節はなぜか忙しくなる
土からは遠く離れたanubis22のマニアック日記でした〜(笑)

☆***********************************************
レイキ=大宇宙のエネルギーと共に暮らす、スピリチュアルなライフスタイルの提案
anubis22のサイト:「太陽レイキ」

まーる、さんかく、ふしぎ・・・

中秋の名月と言われる満月を挟んで、不思議な三角形を
描きました。

お話は満月の前の週にさかのぼります。PCを開くと、
自分のHPから遠隔の体験ヒーリングを希望したいという
メールがある女性から入っていました。

僕は数年来、ある理由からレイキの個人セッションは
対面にしろ遠隔にしろ辞めていて、伝授のコースしか
設定していなかったので、こういった依頼は数年ぶりでした。

そして、今回もお断りしようと思ったのですが、ふと依頼者
の住んでいる場所が目にとまりました。

三重県在住・・・。

偶然にも、その日は僕が奈良の三輪山へ行くことを決めた
日でした。奈良県と三重県はお隣同士、これは何かある
のではないかと、今回の依頼を受けてみることにしました。

返信のメールを送った次の日の朝PCを開くと、今度は
名古屋の男性から全く同じような文面で、遠隔の体験
ヒーリングの希望のメールを受け取りました。

数年なかったことが二日続けて起きているわけです。
しかも、僕が三輪山へ行くことを決めた日と次の日です。

僕は、直感的に三輪山と伊勢神宮と熱田神宮を結ぶ
三角形をイメージしました。

早速、地図を見て確認したのですが、残念ながら三重の
女性の方は名古屋寄りの市で伊勢神宮とはかなり離れた
場所に住んでいました。

ちょっと考えすぎか・・・。

と思いつつも、やはりこれは充分なシンクロだと思い
その男性の依頼もお受けして、満月を挟んだ前後の日に
お二人のセッションを予定し奈良へと旅立ちました。

数日して奈良三輪山への旅を終え帰宅した僕は、セッション
の当日になって三重の女性から以下のようなメールを頂きました。

「昨日、伊勢神宮へ行ってきました。今日はよろしくお願いします」

僕は唖然としました。

そして、その時入ってきたメッセージが「元伊勢」。

後で調べると現在の伊勢神宮は、古代の伝説によると約六十年
の歳月を要して二十五回も遷宮を繰り返したそうです。

そして、そのスタート地点がなんと三輪山・・・。

また地図で確かめると、三輪山と伊勢神宮と名古屋を結ぶ
三角形にその多くの「元伊勢」が存在していたのです。

僕はことさら自分の人生に特別な意味を求めたり、何か
高尚な使命を見出したりはしません。

ただ人生が面白いことだけは確かです(笑)

おそらく、僕が今世再び三輪山に昇るとき、前世から約束
していた二つの魂が呼応して、その地に三角形を描こうという
壮大な夢があったのかもしれません。

それに何の意味があるの?

いえいえ意味なってどうだっていいんです。

中秋の名月に、光の三角形を描く・・・。
大文字焼きみたいなものです(笑)

今回僕の三輪行きに直感的に反応し、そして三角形を描く
協力をしてくれたお二人に多大なる感謝をしております。

おかげさまで満月と光の三角形で、なんとも神秘的な杯を
かたむけることができました。

☆***********************************************
レイキ=大宇宙のエネルギーと共に暮らす、スピリチュアルなライフスタイルの提案
anubis22のサイト:「太陽レイキ」


profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links