<< 8年の歳月を経てメグリメグッて自分のタイムラインで完全に忘れていた自作物をみる衝撃 | main |

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


この世界は、なぜ戦争が無くならないのだろう?

広島・長崎、そして15日の終戦記念日、今年は「集団的自衛権」
の話題も相まって、「戦争と平和」というテーマを考える人も
多いのではないでしょうか。

「この世界は、なぜ戦争が無くならないのだろう?」

たぶん、この疑問は誰もが思うところでもあると思います。

日本人の僕らにとって、「戦争」が無いことは、今や当り前のような
感覚で捉えていますが、人類の歴史において有史以来、「戦争」が
無かったことはほとんどありません。

つまり、この世界に、男と女がいるように、はたまた夜と昼がある
ように、「戦争と平和は常にある」と、そろそろ考えた方がよいの
かもしれません。

もし「男」に「女」が必要なように、僕らが考える「平和」という
ものに、そもそも「戦争」が必要であったらどうでしょう?

もしかしたら、僕らは戦争があるから平和を実感でき、平和が
あるから戦争を求めるのだとしたら。

これは、この世界の「相対性」、はたまた「二元性」を考える上で
持っていこいのテーマです。

僕らが「平和だな」と感じる時、いったいどういう構造で「平和」
と感じているのでしょうか。

たぶん、「戦争」がある悲惨な地域をニュースなどで見て、自分たち
の地域は「平和」だと考えるかもしれません。

はたまた、辛い人生を送っている人や、苦しい立場にいる人を見て
「自分は平和だな」と思うかもしれません。

そういった比較して得られる「平和」というのは、「相対的平和」と
いって実際、「戦争」という比較対象があるからこそ得られる「平和感」
ということになります。

この場合、長らく「平和」が続くと、その平和感が感じにくくなって
来るので、どうしてもその平和感を揺るがす対象が必要となってきます。

これは、意識的と言うよりも無意識的に求めると言った方がよいかも
しれません。

今の日本もまさにそういった平和感のマンネリ化が、戦争という刺激を
どこかで求めているように思えます。

「戦争」という種の投下は、人々を刺激します。

反対する人も同じです。「戦争反対」という戦いを行えることによって
アドレナリンが分泌されます。

「平和」を守るための「戦い」は、人類にとって一番の好物となり得る
のです。

それでは、この世界から「戦争」がなくなることはないのか?

人々が相対的な平和を求めている限りは、「戦争」は決して無くならない
でしょう。

「戦争」がなくなるためには、そもそもこの世界の相対性という
無限ループから、僕らのこころが抜けださなくてはなりません。

つまり、世界が、そして自分の身の回りが、戦争状態であろうが、
平和状態であろうが、僕らは常に変わらぬ平和なこころでいる
ことができるか?

平和なこころで、「戦争」を、そして「戦争をする人たち」をゆるせるか?

逆説的に聞こえるかもしれませんが、これが相対性という無限ループを
超えた「絶対的平和」というものなのかもしれません。

相対的平和から絶対的平和へ、多くの人々のこころが移行すれば、
この世界に「戦争」そのものが必要なくなる。

逆に言えば、この世界にいまだ「戦争」があるなら、僕らのこころは
いまだ「戦争」を必要としているとも言えるのかもせれませんね!

 

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 09:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links