<< ジャンヌ・ダルクが、いろんな大人たちの思惑で、 最後に魔女裁判にかけられたような | main | 8年の歳月を経てメグリメグッて自分のタイムラインで完全に忘れていた自作物をみる衝撃 >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


最近、神オーラがなくなった?

JUGEMテーマ:こころ
つい先日、ある人に「最近、神オーラがなくなった?」
と言われました(笑)

もともと「神オーラ」なんてありませんが、確かに
スピリチュアル的な発言は影を潜め、どこで仕入れてきたか
わからないような不思議な情報で、回りを圧倒するようなこと
なくなってきました。

そいう意味では、僕もやっと「普通の男の子」に戻りつつ
あるのかもしれません。

と言っても、もう40半ばですが(笑)

理由としては、やはり年齢的なものでしょうか?
立場的にも、そうそう不思議な事ばかり言ってられなくなり
蓄積される知識やしがらみが、30代までの自由なインスピレーション
を阻んでいるのかもしれません。

また、最近は携帯はまだ持っていないのですが、タブレッドを持ち
常に巷の情報の中にいるようになり、いわゆるスピリチュアルな
次元にアクセスする時間が少なくなってきたとも言えます。

でもね、実はもっと大きな理由があるのです。

それは、「ACIM(奇跡のコース)」というメソッドを実践したが
ためのこころの変化ということです。

つまりね、コースを実践してから、「特別な情報」というものが
自分の中で必要ではなくなってしまったのです。

そして、そのみんなが知らない「特別な情報」を伝えることによって
人々の「悩み」や「苦しみ」を癒やしたいという欲求が無くなって
しまったのです。

そもそも人々の悩みや苦しみ、人類や地球の危機的な状況という
ものが、実際には「無い」ということに気がついてしまったのです。

ゆえに「それら」を逆転させる「特別な方法」や「特別な人」も
必要ないと知ってしまったのです。

多分「神オーラ」なるものが僕にあったとしたら、それは僕が
「特別な方法」を知っている「特別な人」としての使命感や自負の
現れだったのでしょう。

そして、それがある種の「鎧」だった事は、今になってよくわかります。

だから、今は「最近、神オーラがなくなった?」と言いわれるのは
結構本望なのです(笑)

「普通:特別」

これは、いわゆるスピリチュアルな思想の中にも巣食う相対性という
落とし穴です。

僕は、この「普通」と「特別」という相対性を超えた、絶対的な領域
の中で、やっと「鎧」を脱ぐことができるようになったのかもしれません。

というわけで、僕は…

「普通の男の子に戻ります!」

と言っても、もう40半ばですが(笑)



 

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 11:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
棚田に携わらはったあたりから、空中浮遊をやめて地上に降り立たはったのやと拝見しておりました^^
アース様にアースされたのかと^^
神オーラ、あってもなくてもええ感じですよ
☆みっこさん

ありがとうございます。

確かに棚田は、山から降りてきた私にとって
里への入り口だったような気がします。

まぁだんだん、里人として同化できて来た
のかもしれませんねぇ…。
アヌビスさん♪
あら〜私も同じ流れかも〜!!
とついコメントしちゃいましたぁ(*^ ^*)
でも、久しぶりにお会いしたら、2人で宇宙な会話しちゃうんでしょうか(笑)
  • なないろ
  • 2014/07/15 2:03 AM
☆なないろさん

ブログ放置中に付き、コメント返信遅れました(笑)

もうすっかり宇宙せんせの雰囲気はないかも
しれませんが、また宇宙のお話しましょうね!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links