<< 超常現象の解 | main | 最近、神オーラがなくなった? >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ジャンヌ・ダルクが、いろんな大人たちの思惑で、 最後に魔女裁判にかけられたような

うちにはテレビがないので、基本、世間を騒がす
ニュースにはあまり関心がないのですが、どうにも
気になるのが小保方さん関連の話題です。

何でこうも気になるのかなと考えて見ると、
今回の件は、僕らマクロビオティックに関わって
きた者にとっては、どうにも苦々しい思い出を
喚起してしまうのでしょう。

「生体における原子転換」「腸造血説」など、
マクロビオティックにおいて支持して来た学説は
いまだ学会では黙殺されて、ある意味、トンデモ説
として片付けられ、マクロビオティックそのものに
おいてもメディアでは、ここ最近まで全くと言って
いいほど無視され続けました。

今でこそ、ちょくちょくメディアで取り上げされ始め
ましたが、今だモデルさんや芸能人は、テレビで
マクロビオティックを実践していることを公言しない
ように事務所から注意されるそうです。

それは、現在のメディアが食肉業界や医薬品業界、
ファーストフード業界などの出資で成り立っている中で
「薬も肉もいらないライフスタイル」なんて到底宣伝
できませんよね(笑)

僕らもそれは合点承知の助で、あえてメディアの及ばない
オルタナティブな業界を作って、じみ〜に草の根活動で
普及する道を選んできたのです。

なぜって、あまり目立つ活動をすると、運動そのものが
アノ手コノ手で潰されちゃうからなんです。

つまり陰性な運動を気長にやって行くことによって、
陰が陽に転換する時期を待つという実にマクロビオティック
的な手法を選ばざるおえなかったわけですね。

そういう見方をして行くと、今回の「stap細胞」は、
ちょいと派手に打ち上げ過ぎたんじゃないでしょうか?

問題は、先行の万能細胞「ips細胞」との比較する形で
打ち上げてしまったことだと思うのです。

「iPS細胞より安全」
「iPS細胞にはガン化のリスクがあるが、STAP細胞にはない」
「iPS細胞より作製が簡易で早い」

上記が事実はどうか分かりませんが、「ips細胞」は
今まさに多くの大手企業が先行投資して、巨大な
ビジネスに成長し始めた大切な時期です。

以下のips細胞企業一覧をみても、テレビコマーシャルで
見ないことはないそうそうたる巨大企業ばかりです。

https://www.asset-alive.com/report.php?mode=show&rpid=2526

これらの企業にとって、「stap細胞」は、マクロビオティック
みたいなものです。

「(玄米は)薬より安全」
「肉にはガン化のリスクがあるが、玄米にはない」
「(玄米は)薬より作製が簡易で早い」

と言っているようなものです(笑)

小保方さんには、ちょいと大きすぎる相手です。
そりゃ理研も、これらの企業から圧力を加えられたら
慌てふためいて小保方切りをせざるおえないでしょう。

そんなわけで、結局のところ、目立ちすぎちゃったんですね。
それだけ、小保方さんがキャラ立ちしすぎてたんでしょうね。

上げてから落とすというのは、メディアの常套手段では
あるのですが、小保方さんの場合は、これだけ上がっちゃうと
大人たちの都合で、落とさざるおえない状況になっちゃったん
だと思いますよ。

まさにジャンヌ・ダルクが、いろんな大人たちの思惑で、
最後に魔女裁判にかけられたように。

でもまぁ、今までメディアや企業の有効だった手法が、
どこまで通用するかわからない時代になりりつつあるのも
確かです。

マクロビオティックですら、取り上げられる時代に
なりつつあるのですから(笑)

さてさて、小保方問題、今後どういう展開になるのか。

このまま闇に葬られるような簡単な時代ではないでしょうね!
 

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 20:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
この報道は、何か大きな力が動いたと思って、静観していますが、小保方さんを最初に見た時には、実は、ちょっと、「うーん」って感じたんですよね。マクロビオティックの時のような、目からウロコというか、「だよね!!」ってなった感覚がSTAP細胞の時は感じなかったんですよ。
まあ、単に、理系じゃないからかもしれませんが(苦笑)
ことの顛末は、見守りたいですね。
  • サニー
  • 2014/04/04 1:56 PM
☆サニーさん

実はこの記事、久々に夜書いてみたのですが、いつもの自分の文章じゃない感じになっちゃいました(笑)

小保方さん、突っ込みどころ満載ですよね。実際未熟なところもたくさんあるのでしょうね。

ただ、本当に人類のためになる研究なら、みなさん、協力して応援していってもいいような気もするのですが、いまの科学界は、やはり競争なんでしょうねぇ。
本当に人類のためになる研究←そう!そこなんですよ。iPS細胞にしてもSTAP細胞にしても、人類のため?って疑問に感じちゃうんですよ。。。
ひねくれてるかなー(苦笑)
  • サニー
  • 2014/04/04 9:22 PM
☆サニーさん

そもそも細胞は、すべて万能で、私たちの意思(無意識も含めて)によって、形をなしていると思うのです。

それを再び初期化して、万能細胞にしたからといって、いったい誰の意思でそれは、形をなすのでしょうかねぇ。

再生医療なんていいますが、それらの細胞が、自分が創りだしたということを認識しないと、いくら万能細胞で新たに再生したからといって、結局は、元に戻って行くのではないかなと思います。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links