<< 魔女狩りの記憶 | main | 超常現象の解 >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


マッチョな文明の終焉

何十年ぶりかで『笑っていいとも』のテレフォンショッキング
を見ました。

もちろん、16年ぶりにテレビ出演するオザケンを見るために(笑)

僕より二つ上のオザケン。
特段オザケンの音楽が好きなわけでなかったのですが、やはり
同じ時代に音楽をやっていた者としては、どうしても気になる
存在でした。

というか、当時の僕は、オザケンを直視できなかった。
オザケンを直視すると、その痛々しさが自分の事のように感じて
見てみぬふりをしてしまうのです。

武装したマッチョな兵士たちが戦っている戦場で、ヒョロヒョロ
な体でTシャツ一枚で歌っているような。

そうオザケンの音楽には、意外や意外、私にはとても「戦い」を
感じたのです。

マッチョな文明に対するアンチテーゼ。

それは、僕らの世代共通のテーマとでも言いましょうか。

ほとんどの人が、マッチョな文明を受け入れて、鍛えて武装して
戦場へと出て行く。

そん中、僕はマッチョな戦場へ出ることを拒否して、オルタナティブ
な地下世界へと潜伏する。

一方、オザケンは、マッチョな戦場へ、裸で出て行って、銃弾を
浴びながら歌っている…。

それが、オザケンの痛々しさというか、オザケンは、歌うことによってに
マッチョな世界に戦いを挑んでいたのではないでしょうか。

だから僕は、オザケンが『LIFE』以降、突然のように消えたことに
何ら違和感を感じませんでした。

むしろ自然な成り行きだったのでしょうね。

そして、16年経って、再び社会へ現れたオザケン。
僕も、長らく潜伏していた地下世界から、いわゆる表の社会へと顔を出す
機会が偶然にも多くなって来ました。

『笑っていいとも』が放送された32年間というのは、ある意味、
マッチョ文明の最終章だったのかも知れません。

なんでも、タモリは、『笑っていいとも』が終わって、何がしたいと
聞かれたら、「棚田に行ってみたい」と言ったとやら。

それは、オザケンが再び、裸のままで歌える文明への転換を意味するの
かも知れません。

そうそう、オザケンの次の出演者が、マッチョ文明の復権を目論む
アノ総理であるところが、またとてもシンボリックですよね(笑)

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 13:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links