<< 空っぽなんです | main | マッチョな文明の終焉 >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


魔女狩りの記憶

SMAP細胞?

初めてネットで見た時、見間違えたのは私だけでしょうか(笑)

しかし、最近の大騒ぎは何なのでしょうかね。
どうも、この話題は、化学の真実がなんたらではなく、人間の
根源的なところを刺激する要素があるのではないでしょうか。

門外漢の私としては、科学的にどうであるかは、全く分かりません。
ただ、どうも今回の女性化学者を祭り上げ、追い込んで行く世情は、
中世の「魔女狩り」を見ているようです。

多分、この方は、魔女狩りの前世があるのでしょうね(笑)

男女平等が叫ばれて、知性と体力がある女性なら、社会の地位を
確立できる時代になりました。

ただ、まだまだそれは男性原理を武装した女性に限られます。

問題は、「かっぽう着」なのです。

お母さんの象徴である「かっぽう着」は、女性原理の象徴です。

女性原理が頂点に立とうとすれば、まだまだ根底に男性原理を
隠し持っている社会は、無意識に追い落とそうとしますよね、
難癖つけながら。

また、今回のなんたら細胞の作り方が、どうも魔女っぽい(笑)

遺伝子で初期化するなどの複雑な最新技術を使わずに、単純に酢の
溶液に浸すだけという、どうも大鍋に薬草を入れて魔法のスープ
を作っているようなイメージを喚起してしまうのです。

中世の魔女狩りの根源にあるのは、男性原理(近代科学的思考)
による女性原理(自然や大地に対する信仰)の完全なる征服なの
ですね。

どうも今回の状況は、「不正だ!不正だ!あいつは魔術で人を
惑わした!」と民衆が叫びながら、地に根ざした(ハーバリストなどの)
自然科学者であったうら若き女性を血祭りにあげ、火あぶりにした
人類の記憶を呼び覚ましてしまうのでしょうね!

最後にコピペ問題について一言。

「あなたがたの中でコピペをしたことがない者が、まず、この女に石を投げなさい」

って確か偉い人が言ってたっけ(笑)



 

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 10:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
同意!!
  • beijaflor
  • 2014/03/18 10:26 AM
☆beijaflorさん

ありがとうございます!
なんか男性がいじめたくなるキャラなの
でしょうね(笑)
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links