<< イエス!G.O.クリスマス! | main | ヘビ・ローテーション2013 >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


太陽暦と太陰暦の間で思うこと

今年、私の関わっている棚田保全団体で、旧暦のカレンダー
を作ったのです。

これが思いの外、とても好評なんです。

旧暦に関しては、うちの団体だけでなく、世間一般でいま
とても注目されています。

これも、まさに「陽」から「陰」への転換の時代の象徴
ですね!

旧暦とは、月の満ち欠けを1ヶ月のサイクルとしたいわゆる
「大陰暦」です。

実際には、月の満ち欠けが29日程度なので、太陽の周期と
ズレるため、閏年をおいたり、太陽歴の季節のサイクル
である二十四節気を組み入れた「太陰太陽暦」なのですが
明治5年まで、数千年来日本で使われてきた歴です。

では、いま我々が使っているカレンダーは、言わずと知れた
太陽の周期を基準とした「太陽暦」です。

これは、西洋で発達したグレゴリオ歴を明治5年に日本政府
が採用して新暦としました。

つまり明治時代に日本は、東洋の文化に根付いた陰の時間軸
を手放し、西洋的世界観である陽の時間軸に転換を図ったわけ
ですね。

太陽は、「昼」「生」「男性」「合理性」「科学性」「物質性」
のシンボルで、いわゆる西洋の物質文明の象徴です。

それに対して、

月は、「夜」「死」「女性」「想像性」「宗教性」「精神性」
のシンボルで、いわゆる東洋の精神文明の象徴です。

太陽は昼間のパワフルな生産性の期待であり、月は夜の精神性
の拡張、つまり想像力の拡大の期待なわけです。

皆さん、夜中に書いたラブレターを、昼間に読むと恥ずかし
くて破ってしまいますよね(笑)

一方、昼間に一生懸命作ったモノも夜寝てしまえば、なんの役
にもたちません。

いま地球は、陽の文明から、陰の文明へシフトチェンジする
真っ只中なので、日本も明治以来、西洋の物質文明に追いつけ
追い越せと躍起になってきた姿勢に疑問をもつ人が増えて来ます。

そこで、東洋の精神文明の時間軸である「旧暦」といったもの
があらためて注目されるわけなのです。

でも、そこで「旧暦」は、「新暦」より優れているなんて言う
必要はありません。

旧暦には、旧暦ならではのデメリットがあります。

陰の時間軸は、想像性や抽象性、スピリチュアルといった目に
見えにくい領域の周期なので、一般性を失い、いつしか専門家
や宗教家の歴の独占になる傾向があります。

実際、明治5年以来の太陽暦は、それまで宗教家の独占物であった
歴を一般民衆へ取り戻したというポジティブな面もあるのですね。

そんな訳で、暦の世界は、あまりに奥が深い・・・。

というか、時間なんて実際にはあるわけではない幻想なので、
どこを軸にするかで、無限にカレンダーなんて出来てしまうのです。

逆に言えば、時間軸の設定が、物質性や精神性の支配にもつながる
ので、これは穏やかではない世界でもあるのです。

マヤ歴の終焉とともに、「時間」という事を人類がもう一度捉え
直す時期にきているのかな。

ともあれ、「旧暦」は、我々が絶対視している時間というものが、
実は、様々に変化する相対的なものなのだと理解するには、とても
いい教材ではないかと思います。


ですので。



買ってね「旧暦棚田ごよみ」



告知かよ〜〜〜。



旧暦棚田ごよみ

【こちらで買えます!】




スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 07:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんにちは♪

小学生にも解る易しい解説の文章はさすがです!
学校でも時間をこんなふうに教えてくれたら、人の心も生き方もずいぶん楽になれるのになぁと思います。
マクロビオティックでの説明をもっと広めたいなぁと思う日々です。
  • マクロ美風
  • 2012/12/29 9:14 AM
☆マクロ美風さん

本当に小学生はもとより、中学生や高校生
大学生にも教えたいですね。

桜沢先生は、結局「教育」なのだと言って
ます。

絶対的な答えを教える教育から、相対的な
無限の選択枝を教える教育へ。

来年も頑張って行きましょう!
”使いずらいけど、美しい!” なんと素敵なキャッチコピー!ウケました!購入させていただきます〜。
  • サニー
  • 2012/12/29 9:54 AM
☆サニーさん

企画から制作、キャッチコピーも、
うちの若い衆がやってくれました!

若い世代感覚ですね〜

ご購入ありがとうございます。
活用させていただいています。
指定席のとなりに貼って、美しい棚田写真に癒されています。
私のブログにもアヌビスさんのこの記事リンクさせていただいても良いですか?
あ、それと棚田ネットワークさんの旧暦棚田カレンダーのところのリンクも^人^
☆みっこさん

いち早いご購入ありがとうございました!

リンク大歓迎で〜す。

今年もいろいろありがとうございました〜
はーい、実物をご覧になりたい方は、
リマ東北沢店二階書籍コーナーに置いてございます!
新年は三日から営業しております。
よろしくお願い致します。

便乗して宣伝してしまいました^^
  • keikorobo
  • 2012/12/29 8:41 PM
☆keikoroboさん

委託販売受け付けてくれて
ありがとうございました!

今年もいろいろお世話に
なりました。

来年もよろしくね〜
はじめまして。

太陽暦と太陰歴のことをむむーと考えていて、なにげなく検索していたら、
こちらにたどり着きました。

わあ!!なんてわかりやすくすてきに書かれているのだろう!!
これこれ!これよ!!
と感激しています。

この記事をリンクさせていただいてよろしいでしょうか?
☆けんはなさん

はじめまして!

素敵なブログですね!リンク大歓迎で〜す。

69(陰陽)なお誕生日を持つけんはなさん
には、とても共鳴する話題がたくさんありそう〜

これからもよろしくです!

早速のお返事ありがとうございます。

嬉しくリンクさせていただきました。

誕生日に氣づいていただいてビックリ。ありがとうございます。

anubis22さんっていうお名前、すてきですね。
☆けんはなさん

やっぱり、旧暦は関西方面の方に響く
みたいですね!

月を愛でた京の都の遺伝子でしょうか(笑)
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links