<< 生+死=命 | main | マクロビオティックはスピリチュアルか? >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


夏休みの自由(人)研究

別に夏休みじゃないのだけど、どうも8月も終わりに近づくと、
なんか自由研究をやらないとという脅迫観念が湧いてしまう。

小学生の頃のトラウマですね(笑)

というわけで、今回は宇宙の成り立ちと時空間の幻想について
図を制作してみました。

えっ、いつもやってる?

まぁまぁ、細かいことは気にしない!

さて、皆さんが普段感じている時間や空間が実は「ない」という
事を説明するためには、まず、この私たちの宇宙の成り立ちから
やらないとなりません。



こころ1


さて、この図が私たちの宇宙の本質を表しています。つまり
「一つの心」です。

この「心」は、唯一にして永遠なので、時間も空間もありません。

つまり、これが本当の「私」なのですね。

では、そこからどうやって私たちが生きていると思われる時間も
空間もある宇宙が誕生するかというと・・・


じゃじゃん。


こころ2


まず、心の分裂がおきます。
これは、心のビックバンとでも言えましょうか、たくさんの
分離した「心」が現れたかのように見えます。


こころ3


さて、ここで「心の三つの状態」が現れます。

まずは「A点」である「一つの心」
そして「B点」である「私の心」
そして「C点」である「他の心」

「B点」が自分であると思えば思う程「C点」である他の心に
「差異」を感じます。

つまり、他との距離を感じ、その距離を埋めるために時間を
感じます。



こころ7


「B点」と「C点」の「心」は、それぞれ自分が「心」であると
思い始めます。

分裂した「心」は、「個我(エゴ)」に成長し、より自己の
リアリティーを求めるために「身体」を創出します。

これにより、時空間の中に自分の身体があるという物質的宇宙を
生きているかのように感じることができるようになります。

まぁこんなこと書くと、「いや、時間や空間は自分とは関係なく
あるじゃないか」と反論されると思います。

でもその反論が、まさに「心が一つ」しかないということの証明
でもあります。


こころ5

つまり、この図の灰色の帯は、分裂した個我が見ている
「共同幻想としての宇宙」なのです。

だから共同幻想としての時間もあるし、共同幻想として
の空間もあるのです。

それは、個我の心の状態の平均値という形で、時間や空間
が固定化されるように感じのです。



こころ6


でも結局、自分が「B点」や「C点」ではなく「A」そのものだと
思えるようになれば、時間や空間を感じなくなります。

そして、全ての個我が「A点」に立ち返れば、私たちが生きている
と思われる時空間のある宇宙は完全に消滅します。

「消滅」というとなんか怖い感じがあるかもしれませんが、むしろ
それは「夢から覚める」という言い方が本当かもしれません。

現在多くの人が、この固定化されていると思っていた時空間が
曖昧に感じる人が増えてきています。

それは、多くの個我が、本当の自分である「A点」に立ち返ろうと
しているからではないでしょうか。


というわけで、「A点」に立ち返るということは、時空間フリーの
世界を生きることになるので、これは

「夏休みの自由研究」じゃなくて、

「夏休みの自由人研究」だったりして(笑)

小学生の頃、これを知って時空間を自由にコントロールすることが
できれば、31日に時間がなくて焦る必要はなかったのにね!



スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 11:15
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
なかなか興味深い自由研究ですね〜。私もこの夏、日本に帰省して色々と感じる事がありました。柔軟性のある左脳になってきたな〜という感じです。8月頭に東京に行っていたのですが、お会い出来る時間がなかったので、この年末にでもまた東京に行く予定なので次回はお久しぶりにお会いしたいです。
  • サニー
  • 2012/08/22 8:55 PM
☆サニーさん

いつもコメントありがとうございます!
サニーさんの日本で感じたことお聞きした
いですね〜。

ぜひ、、年末にお会いできたら嬉しいです!
今日は9月22日なのでコメントしてみました。太陽を背に富士山(22山)に向かって毎朝通勤する毎日でした。もうすぐそれも移転にともない終了します。レイラインの事を意識していていたのでそんな通勤は楽しかったです。40代青春ソングの80〜90代洋楽(私は基本ダンスミュージック系、anubis22氏はコアなロック系ですよね?正確にはちょっとどんないちつ゛けのロックわかりません)を歌いながら(笑)まさに夏メロ(笑)カラオケとかでも洋楽歌っちゃいけどひかれそうで歌えません。あっそれで勤務先とかでトラブルや失敗あったりして人の人間的な部分を垣間見たときや自分がエモーショナルに落ちた時、あの●愛とカルマのリアリティー●というフレーズが脳内グルーヴしちゃうんですよ。やっぱり物事を思考するより、フレーズが脳内グルーヴするのは音楽脳の為か?もう1つはこの場合の●リアリティー●の意味をどう理解するかずっと考えてしまったからかも知れません?1つ言葉でもまったく種類の違う意味あったりニュアンスあったりするから?●愛カル●って語感が音的にノリがいいからかも?以上脳内グルーヴの原因追求でした。
いまだにモッテナイ伝説ってテレビ偏があったんですね。anubis22氏の過去記事全部読破したつもりだったのにやっぱり自分は腎臓病持ち上がりなので記憶力に影響してるのか?はたまた色々な情報数を得てしまう為に覚えてられないのか?まったくどれが事象の真実であるのか答えが出せないです。実は私パソコンモッテナイんです。操作も出来ません(えっ今時マジッスかって誰かツッコミ入れてくれると嬉しいです)。ハイテクノロジー弱者です。私が自然食をはじめた頃の自然食有機などの業界の情報の質というか時代の背景って、電磁波は有害が表に多く出てる時でそれもあってかパソコン習得せずそのまま来ちゃいました。(今だったらローフードとか放射能が全面に出てるみたいな。)携帯は持ってますが当時はなるべく自分から遠くに放りなげでました。テレビもあれば1日見ていられるタイプです。しかしうちもテレビありませーん。大好きなんですけどね。いよいよハイテク弱者の私もパソコン習得しなきゃならなくなりました。私もあれば見たいけど情報の質はネットの方が早いしすぐれてると思います。自分の病気や自然食を知る事で得た氣つ゛きははハイテクが実はローテクだったということです。一見遅れているようなローテクの古代もしくは私達の御先祖様の生活習慣は繰り返し可能な次の命をうみだせる習慣暮らしだったのです。失ってから氣つ゛くものですね。
かといって協会会長もブログで仰られてましたが、絶対の悪も善もないということでパソコンなどのハイテクも完全な悪ではなく波動検索システムなどもパソコンなしでは現在のような発展もなかったのではと個人的に思っています。一体真実は何が本当なのか模索してしまう毎日です
  • スイートマジョラム
  • 2012/09/22 5:45 PM
☆スイートマジョラムさん

PC持ってないということは、このコメント
携帯で書いてるのですか〜。

それは、私にとって驚異的なことです(笑)

しかしまぁ、このブログも昔の記事は面白
かったですね〜。

なぜ今の記事は面白くないか?

これは、検証記事を書かなくては(笑)

善悪はないというのは、頭では理解できる
のですね〜。

ただ、自分の肉体や自分が脅かされると
思った瞬間に、いきなり「善悪」のジャッチ
が習慣的に作動してしまうのですね(笑)

結局「自分」とは何なのか?

これが真実への入り口なのかもしれませんね!

そうです。携帯からです(笑)。anubis22氏に驚異的と思ってもらえてほこりに思えます(ほめてるんじゃないって)(笑)。 善と悪自分に有害に働く時に確かに反射的にスイッチ入りますね。まだまだそれが人のありきたりな反応なのでしょうか。●生+死=命●にでてくる生と死は同等である、イエスが切り刻まれることより、死後の復活にこそ意味がある。というのと同じに思えます。まだまだ自分を切り刻もうとするものに対し許せないし、嫌悪を抱く。
  • スイートマジョラム
  • 2012/09/23 3:33 PM
☆スイートマジョラムさん

あはは、それを超えられたら無敵ですね!
「敵の無い」状態(笑)
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links