<< 身体という発電機 | main | モラトリアムの40代 >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


原子力と発酵力

う〜ん、気がつけば5月も終わり・・・。
あやうく、月一本は書くというノルマも破るところだった(笑)

さて、今回の話題は「塩麹」。

えっ、い、いまさらっすか〜。

いやいや、別に「塩麹」にはまってるわけではないのです。

なんで今「塩麹」なのかってのをずっと考えていてね。


結局、アセンションと結びつけることにしました(笑)

だって「麹」は「高次」だから・・・。



さっ、冗談はさておき

今、僕らの前には、二つの大きな力の使い方が提案されている
と思ったのです。

一つは「原子力」、そしてもう一つは、この「塩麹」のブーム
に代表される「発酵力」です。

最近は、「塩麹」にかぎらず、発酵食品全般が流行っていて、
糠漬けにはまる若い女子などは「発酵女子」なんて呼ばれる
そうですね。

そもそも、「発酵」ってなんでしょう?

「発酵」とは、ある種の「モノ」を、自然界の微生物などを利用して
別の「モノ」に生まれ変わらせるという感じでしょうか。

つまり、「発酵力」とは、周辺環境や自然界をうまく取り込んで、
新しいエネルギーを発生させる力とも言えます。

一方「原子力」とは、ある種の「モノ」を自然界から遮断して、
分裂させることによってエネルギーを発生させます。

この「原子力」と「発酵力」を対比させてみると、力の方向性が、
とても対照的に見えると思うのです。

最近、世界で自爆テロが頻発したり、車が子供たちの集団登校に
突っ込んだりの事件が多いのは、福島の原発事故と実は構造が
同じなのです。

「原子力」というエネルギーは、周辺環境や自然界から「自己」を
分離して、高めていく「個別性」のエネルギーの象徴なんですね。

この力を実感するためには、逆説的に、分離した周辺環境や自然界
を破壊することに行き着くのは実は、自然な流れなんです。

自分の力を証明するために、周囲に破壊的なエネルギーをまき散らす
人って現代社会にはたくさんいますよね。

一方、「発酵力」というエネルギーは、周辺環境や自然界に「自己」
を溶けこませて、高めていく「融合性」のエネルギーの象徴ですよね。

結局、自分の力を証明するためには、周辺の人たちの力を活かして
行くしかないのです。

そして、周辺の微生物を活性化するために、どんどん自己を与えて
いくことになります。

発酵食品が好きな人って、なんか自分で作ったものをどんどんくれる
んですよ(笑)

周りが喜んでくれることによって、また創造力が高まるでしょうね。

という訳で、「塩麹」のブームと「原子力」は実は不可分なんです。

これは、人類が「力」の使い方の転換点に差し掛かっている「印」
なんですね。

「発酵」は、「発光」ですよね。

「核」の光は、分裂と破壊のエネルギーですが、

「発酵」の光は、融合と創造のエネルギーなんでしょう。

そして、人類の「発酵」が、「アセンション」なのです。

周辺から分離して、「個」を高めるよりも、周辺に溶け込んで
「全体」をシフトする方が、俄然楽しい世の中になってきたのです。

「麹」は、「高次」、「発酵」は、「発光」

日本の伝統的な文化には、「アセンション」のヒントがたくさん
含まれていますよね(笑)


スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 06:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
せんせ、塩糀は醗酵というよりも実は甘酒と同じで糖化だという説もありまっせ。。

糖化としての図式も今度説明して下さいっすよー。
へ〜〜!やっぱり、anubisさんの、見方っておもしろい〜!(笑)

ほんで、へるち〜。
甘酒は糖化なん?
発酵なんかと想ってたわ〜。

っちゅうか、
こうやって、かいてると、
発酵も糖化も、あんまりよくわかってないのかもね。わたくし・・。
ってことに気づいた(笑)
☆へるしー君

まぁ、糖化は発酵の前段階で、厳密に言えば
「塩麹」は、発酵ではないでしょうね。

まぁブームには仕掛け人がいるのは、世の
道理ですので、別に「塩麹」を褒め称えて
いるわけでは、ありませんよ。

でも、糖化というのは、「発酵」には、
重要な過程でしょう。

まずは「自分」という殻を「溶かす」こと
無くして「発光」はありませんから…。

つまり、「固い」こと言いなさんなって
ことですよ(笑)


☆ひよちゃん

ひよちゃん、発酵女子してますか〜。
そちらで、発酵食品食べたいです!
腐女子ってのもありましたね〜。
腐敗と発酵は元は同じですが、
その行く末はぜんぜん違いますね。
糖類が分解されてこその発酵と言うことで。
甘くない発酵女子がこれからの時代をリードしてゆきまっしょい!
☆なごかいちょ

原子力は、いわゆる政治や経済の腐敗構造
から成り立ってきたエネルギーですかね。

まぁ、男のマッチョ的な夢というか、なんか
あやしい匂いがプンプンしそう(笑)

発酵力は、いわば女性的なエネルギー
ですかね。

なんかかぐわし感じがしますもん。

糖化じゃなくて、透過したくなるような(笑)
最後エロオヤジっぽくなっているのは、やっぱりきょくちょネタでしょうか(笑)
☆かいちょ

「透過」とは、「透明感のある」という
爽やかなイメージで、いえ、けっして
「エロオヤジ」では、ありませんよ〜

何しろ、きょくちょですから(笑)
塩糀を昨年(H23)の10月に銀座の漬物会社(添加物がほぼないしかし砂糖は使う会社)が出してすぐ使えるタイプを成城○○ではじめて買って賞味期限が1ヶ月設定になってました。塩糀がこれだけ今ほどスーパーで山積みになってなく、ここは都心ではないので雑誌本などの媒体では紹介されてましたがブレイク前だったので、会社の年配主婦(60代〜)の方々に作り方をコピーしてその漬物会社の塩光次を味見してもらったんです。そしたら賞味期限が1ヶ月過ぎてるじゃんと 突っ込まれた。でも私としては原材料塩と糀だから腐ってお腹こわすものでもないし、とあまり氣にしてなかったし、食品の劣化も自分の口で見極められなきゃダメなんじゃねえと内心思ってるのでありました。普通の主婦はやっぱり賞味期限が基準で捨てるんだろーなって。でここは食品関連会社なんでわりと塩糀作ってみた〜ってやってくれましたよ。それで豆腐に塩糀あえて何日間おくとおくとチーズ(どんなチーズ?)みたくなるということで今日賞味期限キレた塩糀でやってみました。いやしいのであえてすぐの1きれ食べたら、塩糀買ってすぐの時食べたより断然美味しかったです。賞味期限に依存した判断しなくて良かったです。以前しょうがスライスをただ醤油に漬けるのと、ブドウ果汁100%甘味料に着けた物を冷蔵庫に入れず部屋に忘れて放置してしまい8月の暑い頃に開けてみたら、醤油(塩)は腐っておらず食べれて、甘味料は青カビでした。それが体内で同じような作用をするとしたら?塩気はくさらせず甘味料は発酵を促進させるのかとか?だらしがなさから貴重な体験学習でし。塩糀ネタに紛れこんで書いておいて実はこれが言いたかった!!明日は611で何にもありませんように。今日、日○神○にふじ=真理というのを発見した。以前の月刊マクロビオテイックには日○神○系の方が連載をされてた事もありましたね。
  • スイートマジョラム
  • 2012/06/10 9:22 PM
☆スイートマジョラムさん

あはは、私も「賞味期限」は気にしません(笑)

ちなみに人としての「賞味期限」も気に
しません。

いつでも「旬」な男を目指してます(笑)

いま、CIのHPで昔の月刊誌を公開してますが
昔の月刊マクロビオティックは面白かった
ですねぇ〜。
>いつでも旬な男をめざしています(笑) さわやかでいいと思います!!永遠の少年ですか? いつまでも生涯現役な〜とかだとおやじっぽいコメントになるじゃないですか(笑) >昔の月マクロビオテイックは面白かったですね〜 同感です。深さと奥行きがあったような。私は26才か7才でマクロを知りました。ちょうど今CI協会のHPで紹介されてるのに近いです。当時月刊マクロは近くの自然食品店か町田の大丸のビーミーの本屋さんの中で見る事が出来ました。高原書店私も行ったことがあります(笑)。
  • スイートマジョラム
  • 2012/06/22 12:00 AM
☆スイートマジョラムさん

そうそう、昔の月刊マクロビオティックは
私の最初で最後の上司が編集してたんです。

私の最初で最後の上司だけに、ぶっ飛んだ
方でした(笑)
最初で最後の上司は○○○光さんだったんですね。(このページのテーマが発酵発光だったから誰だかわかっちゃうけど書いちゃいました)リアルタイムでanubis22さんの上司が書き絞っていたblogを最後まで読んでました。マクロやっててもこのブログ知ってる人は少数だったのでは。私は残念ながらお会いしたことはないのですが、ぶっ飛んでたんですね。1ヶ月前に古本でマクロビオテイックがおいしい。を買ったんですが、一番最後のページの一番右にこの方がのっています。とてもぶっ飛んでるようにはみえないです。この世代の方は容姿で自己表現しないからぶっ飛んでるようにみえないのかな。ウォーリーぽい(笑)。プロフィールに全共闘運動を経てとありますから突っ走る方だったんでしょうか?1972年、マクロビオテイックに出会う。桜沢思想の根底にある「万象のモトのモト」つまり「原因の原因」とは何かを追求して、農業、考古学、歴史学、宗教、哲学などを体験的に探求。さまざまな啓発を受けながら、1981年ある出会いにより、最大の問い「人間とは何か」の解答に遭遇し、探求の旅を終える。いったい解答とは何だったんでしょうか。聞いてみたかったものです。anubis22さんもあの時代にフーチーでCIに行くように言われ面接受けたんですよね。ぶっ飛んでますよ。充分(笑)。うちにもフーチーあります(笑)でも一回も使ったことないです。人のHPでこんなに長く図々しく書く私もぶっ飛んでる人格です。多分。
  • スイートマジョラム
  • 2012/06/24 1:13 PM
☆スイートマジョラムさん

ご名答です!

ウォーリーぽいというえば、私もそうなの
ですが(笑)

「人間とは何か」

でも、それを知ったらもう元の世界に戻れ
ないよと言われ、じゃあもう少し後でって
答えったきりになってしまったな〜。


前回のコメントでanubis22さんの最初で最後の上司の事をウォーリーぽいと書いたのはanubis22さんの過去のblog記事●似ている芸能人って言われたことないのです●のページを読んでいたので2人ともウォーリーに似てると言いたかったんです(笑)。人間とは何か、答は聞いときたかったですね。本人から聞かない限り、私の考えた上司の答でしかない訳ですから。まさか1981年前後の月刊マクにヒントが載っててるって訳でもないだろうし。今回のお題目、●原子力と発酵力●でしたが、上司の方のご病気と311による放射能で今後増えるて゛あろう病状が同じとは…上司の方がどれだけの精神力で挑んだかと…何かよい代替医療がこの世に存在していますように。
  • スイートマジョラム
  • 2012/07/02 11:33 AM

こんにちは!
今回も膝をポンと打ちたくなるようなブログ、たのしく読ませていただきました!!

分裂と破壊から、融合と創造へ、というテーマを
こんなふうに塩麹ブームにかけてさらっと書けるってさすがです!!

ブログでも紹介させていただきました。
いつもありがとうございます&#9825;
☆リサマムさん

あい変わらずの素敵なブログへのリンク
ありがとうございます!

基本「落語思考」みたいなもなんです(笑)
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links