<< 二本を一本にする道 | main | 半導体=ケイ素=イネ >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


愛とカルマなリアリティー

今日は、ベタ・スピリチュアル な記事になります。

アレルギーの方、要注意です!

マスクならぬ、目隠しをしてください(笑)

このブログに、「愛とカルマ」のことについて書いてある
記事はどれですか?という質問を頂きました。

とくにまとまって書いた記憶もありませんが、探すのも
面倒なので、新たに書くことにしました。

これが一番てっとりばやい(笑)

さて、「愛とカルマ」というテーマ…。

スピリチュアルの中でも、とりわけ少女漫画チックで、
ボーイズには、なかなか難易度の高い話題ですね。

「愛」

おいおい、どのつらさげて「愛」を語っちゃうの。

「カルマ」

う〜ん、なんか非合理的で、カルト的な匂いがする。

なんてね。

というわけで、「愛とカルマの法則」を「図」にしてみました。

どんなわけだよ(笑)


愛とカルマ


まぁ、簡単にいっちゃえば、「カルマ」っていうのは、
「原因と結果の法則」だと思うのです。

「原因」がなければ、「結果」はありません。はたまた、
「結果」がなければ、「原因」もありません。

つまり、「原因と結果」というのは、完全に「陰陽」という
二元性の世界の法則ですね。

私達が、「世界」と感じているこの二元性の時空間では、
この「原因と結果の法則」から逃れられることはできません。

そして、「生と死」も、二元性の世界の「原因と結果」です。

「生」があるから「死」があり、「死」があるから「生」が
あるわけです。

ですから、「原因と結果の法則」とは、私達の「生死」をも
貫いているのです。

だから、過去生で行ったことが、現世で結果を見ることなどが
当然ながらありうるわけですね。

はたまた、現世で行ったことが、来世に影響を与えることも
当然起こりうることです。

でも、このどうしようもなく逃れられない「カルマ」というと、
皆さんどうも絶望的な気分になっちゃいますよね(笑)

だから、ある種の宗教なんてのは、この逃れられない雰囲気の
「カルマ」を上手く利用して、信徒を増やすのですね。

ただ、僕にとっては、二元性の世界は、むしろ非現実的な世界です。

一元的な世界が、真のリアリティーです。

ですから、誰でも、この一元的思考を身につければ、その瞬間
二元性のカルマは空無化してしまいます。

一元的思考は、そのまま「愛」と呼び変えられるかもしれません。

「愛」が「原因」になれば、二元的世界、つまり、僕らが今現実
だと思っている「世界」は、「愛の結果」になるはずですね。

二元性の「原因と結果」という無限ループからどうやって抜け出すか…。

それは、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」よろしく、三角形の頂点から
垂れ下がるロープなのか。

はたまた、天上の光輝く扉に続く長い長い階段なのか。

いずれにせよ、僕らが「救われる」ということは、三角形の底辺で
原因と結果の無限ループの中で生きるのではなく、三角形の頂点で
「愛」を原因として生きることだといえるかもしれませんね。

「愛」を原因として生きる?

それって、神様しかできないでしょう…。

じゃあ、僕らもそろそろ

「神様」としてい生きなくちゃね(笑)




スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 11:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
おひさしぶりです(^^)
以前「カミ」と表現されていた言葉と、「神様」はと同じと捉えても良いのですか?

神様と表記するに至った経緯があれば
知りたいです
お願いします☆〃
  • 2012/03/23 12:29 AM
☆なさん

あはは、「神様」って誤解を呼ぶ表現ですね。

僕も安易に使ってしまいますが、以前
表記した「カミ」と同じで、一般に
思われる人格的な「神様」とは違うし、
日本の八百万の神的な「神様」とも違う
います。

今回の記事で書いたような「一元的思考」
つまり、僕らの限定されない感覚というか、
パーソナルな感覚を超越して、繋いで
いるポストサーバーという感じでしょうか。

いずれにせよ、それも一つの生命(というか
唯一の生命)で、永遠の生命でもあるので、
どうしても人格的な親しみで「神様」と
表現してしまうのでしょう。

曖昧な表現で、また、なさんから怒られて
しまいますね(笑)

「神様として生きる」というのは、つまり
個別的に生きるのではなく、全体的に生きる
というような意味のつもりで書いています。

ただ、前にも書いたように、僕のつぶやきは、
あくまで詩的世界、SF世界なので、多少ロマン
溢れる大げさな表現になってしまうのです。

ですので、大した「経緯」はありませ〜ん(泣)

単にいいかげんなだけなんです(笑)

でも、なさん、また懲りずに読みに来てくれて
嬉しいですよ!





にゃるほど〜。
私は神様が居るか居ないかは見たことないから分からないケド、居ると信じて生きています。

なので、ラッキーな事が起こると、偶然ってすごいな〜と思うと同時に
神様ありがとうございます(^O^)
と思います(笑)

上手く行かない時や、心や体が疲れてしまっている時は、神様の御旨ままにして頂こうとおもい
そういう時はとりあえず休みます

焦ったり、急いでしまうと、良い事ないしね。

忘れてしまいがちな、大切な事を中心に置こうと努力している方々と繋がれるのはとても嬉しいです
応援してます(^^)
  • 2012/03/23 2:58 PM
☆なさん

僕も神様はいると思いますよ。

そうでなければ、ありえないことばかりです(笑)

そして、そう思えること自体が幸せという
ことなのかもしれませんね〜。
はじめましてanubis223 生年月日が1970年5月23日の私です。そうanubis22さんと1ヶ月違いです。私達世代で食せん出せるマクロ指導者になれる人物はいないのではないかと危惧していたのですが、 もしかしたらanubis22さんがその資質を持ち合わせた人物ではないかと以前からブログを拝見させて頂き思っております。 私は中途半端に数秘術や言霊にこったことがあります。世の中におこりうる事がこれほどまでに数字を意識しておこされていることに気つ゛いたからです。
最近ずばぬけて、数秒術で未来予測のいいブログを書いてる方がいるのですが、マクロビオテイックをやっている方でした。anubis22さんは風呂敷王子さんや宇宙先生やへるしーさんの周辺にいる人なんですね。
  • スイートマジョラム
  • 2012/04/01 6:44 PM
☆スイートマジョラムさん

はじめまして!
もしかしたら、はじめましてじゃないかも
しれませんね(笑)

風呂敷王子も、へるしーも、もちろん宇宙
先生と勝手にへるしーが呼んでいる人も
よく知っていますよ(笑)

僕は、以前、伝説的な食養の先生のもとで
たくさんの方に「食箋」を出している現場
を体験させて頂きましたが、僕にはとても
とても真似できることではありませんよ(笑)

マクロの人は、姓名学に行ったりと、どうも
数字に敏感になるところがあるようですね。

たぶん、それは宇宙の成り立ちとかに興味が
出てくるからでしょうね。

今度、ゆっくりお話しましょうね!
コメント書いていただけると思ってなかったのでanubis22さんにコメントしていただけてうれしいです!! anubis22さんの超大御所師匠の本は毎日のように繰り返し読んでました(一読では理解できず)。勿論最後の著作「人間○○○○」も。食せん書けないと言ってますが本人の意思にかかわらず天才的な資質は絶対に持ち合わせてますよ。
私は私達はちょうど1ヶ月違いの誕生日で全部たすと同じになりますが、それぞれの意味はどう違うのでしょうか。誕生月と誕生をたすと0になりますがその事の表す意味性は何かあるんでしょうか?姓名学〜は月刊マクロビオテイックで見た程度完全理解はできてないですね。名前も変えてないし。私が数秘術(言霊、旧字体などその他オフレコ)に興味をもったのは世の中を動かしている超権力者層の人達が数字の意味性を熟知した上で日時を決めて世の中動かしている事にこ氣(=米から氣は作られる)つ゛いたからです。
へるしーさんはベジタリアンウィークフェスティバル2006年で司会してる時にはじめて会いました。 もう一人の男性との司会の会話がかみ(カミ=神)あってなくそれが妙に観客席側から見て面白く笑えました(笑) 日比谷公園のナチュラルなイベントへ向かう電車で偶然同じ車両だったり、マクロ大御所講師の経営するショップレストランイベントで偶然会った程度です。その当時はへるしーさんはまつ毛の長〜い超美人(へるしーさんのブログタイトルなど必参照)な方とご一緒でした。農作業のお手伝いの帰りで農場のオーナーも一緒でした。それで風呂敷王子さんや宇宙せんせはへるしーさんのブログを以前よく見ていたので知っているだけで、お会いしたことがない氣がします。だからanubis22さんとも…でもすれ違ってるんでしょうか。
スピリチュアルとか宇宙とかはまってる人って現実見えてなくて、この人全然物事の本質見えてないよなってのがほとんどに思います。がanubis22さんの場合は宇宙に氣が向かっていて、一見現実的じゃないようにみえて、物凄く実は現実的なんじゃないでしょうか。コメント投稿したことがあまりなく作法を知らず長文なのをお許し下さい〜〜〜 私もお話できる日を楽しみにしてます。だってこの分野の話って通じる人少ないですから…
  • スイートマジョラム
  • 2012/04/04 8:04 PM
☆スイートマジョラムさん

同じ誕生数「9」でも、その構成要素で
大分雰囲気が変わってきます。

私は

1970【8】+【6】+【22】

スイートマジョラムさんは

1970【8】+【5】+23【5】

ですね。

ですので、私は【6】や【22】の性質を
多く持っていますし、スイートマジョラム
さんは、【5】の性質を2個持っています。

スイートマジョラムさんは、誕生数が【9】
なので、基本的には、宇宙やスピリチュアル
な世界にすごく惹かれます。でも、構成要素
の【5】は、人間とか現実社会の感覚を強く
もつ性質なのですね。

それが、コメントによく現れていて面白い
ですね!

>誕生月と誕生をたすと0になります

というのは、誕生月と誕生日を足すと
「10」になるということでしょうか?

数秘術的には「10」は、「1」と数えます。

この計算に意味を持たせる「数秘術」も
あると思いますが、私はあまりそこまで
考えません。

スイートマジョラムさんにおいては、
誕生数「9」とその構成要素である
「8」と「5」で見ていくという感じで
しょうかね!
私の生年月日の数秘術のコメントありがとうございます。855は宇宙やスピに意識が向かい、55があるために現実的であるねですね(笑)。私は名前のせいか真実はなんなのか追及してしまいます(中途半端なんですけどねw(笑))。1+0は0か1+0は1とするか一口に数秘術にもマクロビオテイックもク○系大○系など色々あるように方法論は細かいとろで多種多様ですね。
先日職場の1991年4月21日の生年月日(平成生まれ、ラルク好き)の女子に世間話ライクに現在の毎日の時間の加速の話をふってみたところ、都市伝説ですかw?と一笑されてしまいました。=トンデモ扱い。=不思議ちゃん扱い。=オカルト話扱い。それもムリのないことで、生まれるより前のことは知らなく比較しようもないですから。倍は生きている私達の子供の頃は1日が長く感じられ、早く明日になってくれないかという感じでした(私だけか)。以前は1日に同じことをやっても終わっていたことが数年前から終わらない。年をとったので早く動けず終わらないのか逆を言えば子供の頃は細胞分裂が新陳代謝が活発だからなのか、いやそんなはずはないということで検索してみたところ同じこと考えている人達がいたのです。anubis22さんも時間の加速についてふれてましたよね。時間の加速に対応できるのも一部のマクロビオテイック食、少飲少食ではないかと思います。他にもあるかもしれませんが。
しかし一笑で終わらせず、このおばさんはおかしなこと言ってるけど、何か意味があるのかと、1%でもこちら側の思考に近頭つ゛く方へ頭をよぎって欲しかったですが(笑)。 マヤ歴の終了と時間の加速、この2012年とはどんな現象結果がおきるのか?時間があったらanubis22さん又は宇宙せんせに登場していただいて予測はどうなのかコメントして頂きたいですね。リマに行ってた頃(2006年)に先生にポールシフトについて質問して陰陽が転じるものであるのであれば、S極もN極も入れ代わる事があるという答えを自分で出してしまい実際起きなくもない事におののいてしまいました。まあ腎臓病上がりでマクロに入ってますからおののいてしまうのもそのせいかともよぎりましたが。根っからの宇宙好きのanubis22さんや宇宙せんせはそんなS極とN極が入れ代わるの体験出来てミラクルでいいかもとか宇宙好きな人はそんな感じなのでしょうか?私は中途半端なんで…
  • スイートマジョラム
  • 2012/05/05 9:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links