<< 僕が先生になれない理由 | main | 風呂敷宇宙 >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


追憶という名の姑息な手段

いやぁ〜最近、なかなかブログが更新できない。

なので、手っ取り早く、更新できないかと思いつつ
このブログ以外で昔書いた記事を転載するという
姑息な手段に打ってでることにしました。(笑)

まぁ、今の私だったら、多分書かないなぁ〜という
雰囲気のものもありますし、今読んでくれている
読者の方には興味がないかも知れませんが、
気にせずに読み流してくださいな。

まず第1回目は、ある旅館のブログに連載させて
頂いた「つぶやき陰陽シリーズ」の栄えある第1回。

といっても全15回しかありません。

ふざけた語り口調で、陰陽をつぶやくという
あまりにもゆるい企画・・・。

でも、もしかして一番のお気に入りシリーズだった
かも(笑)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

『つぶやき陰陽 その1』

サーファーと陰陽図

電車に乗っているとよく、サーファーブランドのTシャツに
陰陽のマークを見ることがあります。
サーファーと陰陽かぁ。いいシンボルだなぁといつも思います。

マクロビオティックをサーフィンに例えると面白い。

寄せては返す波に逆らって進もうとする人は、多分陽性かたの人。
波に力なく流され続ける人は陰性な人。

波に逆らいもせず、流されもせず、ただ乗る人…。
これがマクロビオティックにおける中庸な人。

中庸とはある一点の場所ではなく、バランス感覚をいうのでしょうね。

サーフィンを極めた人はまさにマクロビオティックを知っている。
だから陰陽図なんでしょうね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 2006年8月


スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 10:56
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
リユース、リデュース、リサイクル。
エコの基本です。

これを楽しみにしていた頃の自分を思い出しました。懐かしい感覚です。

あ、
■□■□■□■□■□■□■□■□
で、区切るの読みやすいですね。

真似しよ。
  • papa
  • 2010/07/11 12:29 PM
もう7月になったんですけどぉ〜。
こんな姑息な手段使うとはΣ( ̄□ ̄)!
忙しいのはお互い変わらないねぇ…
うーむ。
一体どんな年回りなんだ!?
  • マ.
  • 2010/07/11 9:17 PM
☆papaさん

ふふふ、確かに懐かしいですねぇ。

最近、再びマクロ界を盛り上げなくては
ならないのっぴきならないワケが出来ま
して・・・。

まぁ、その口火みたいなもんすよ(笑)
☆マ. さん

私が姑息なのは、今に始まった
ことじゃないことぐらい知ってる
でしょうに(笑)

確かに忙しいんですが、まぁなんと
いうか、初心に戻ろうという感じで
しょうか。

「Yin Yang Reiki Workshop」も忘れて
ませんよ〜。

今頭の中で構築中でっせ。
anubisさま


 おはようございます!
 めずらしく、朝に書き込みさせていただきます。

 サーファーの方って、本当に上手に波に乗られますよね!
 その運動神経には脱帽です!

 サーファーといえば、映画「ハートブルー」を思い出しました。
 「ハートロッカー」で、確かアカデミーをとった女性監督の作品だったと思います。
 どちらも、とても真似できない生き方の主人公が衝撃的な内容だったと・・・。

 次に、陰陽のマークで思い出しました。
 陰陽のマークは、それぞれに白と黒の目?というか点?のような物が付いていますよね。
 これは、真っ黒と真っ白だと、全く動かない状態が、それぞれに白と黒の目?点?がある事で、動き(回転?)を与えられる、と聞いた事があります。
 不思議なマークだなぁ、と思っていたので、その事を聞いて、それからは、すごく身近に感じる様になりました。

 それで、中庸に戻ればいいんだ、と分かっていて、時にはどちらかに、寄り過ぎているかも〜!と感じながら突き進むのも、ちょっと面白いかもしれない、と思って楽しんでいる事が多い様な気がする今日この頃です。

 何だか、自分の思う事ばかり書いてしましました・・・!m(_ _)m

 
 
  • aoi
  • 2010/07/23 9:36 AM
☆aoiさん

中庸であることとは、何も無難に生きる
事とは違うような気がしますね!

荒波を突き進む陽性な楽しみもあるし、
穏やかな波に漂う陰性な楽しみもあります。

中庸とはいわば「心の状態」を言うのかも
しれません。

どんな状況でも、それを楽しめれば「中庸」
の状態にいると言えるのではないでしょうか(笑)
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links