<< 喜びも悲しみも みんな夢の中 | main | そう、夏なんです >>

スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


この世界に「問題」はあるのかという問題

みなさんは、今僕らが生きているこの地球、社会、家族、自分など、
この僕らが見ている世界になにか問題があると思いますか?

たぶん、僕を含めこの地球上に住むほとんどの人が、たくさんの
問題を抱えていると思うでしょう。

でも、この世界が全く問題ないとしたらどうでしょう。

おそらくほとんどの人は、生きる目的を失うかもしれません。

問題があるから、解決しなくてはならない。

間違いがあるから、正さなくてはならない。

僕らの行動原理のほとんどが、この問題を解決するためにある
わけです。

それはより心地よい環境、進化した技術、犯罪のない社会、
豊かな生活などとさまざまな表現をされるかもしれませんが、
それらはすべて「問題が解決された状態」を実現したいという
欲求が行動原理を駆り立てるのだと思われます。

僕は最近ふと、もしかしてこの世界は、なんの問題もないのかも
しれないと思うようになりました。

これは意識の反転ともいえるかもしれません。

僕らが問題だらけと思える世界は全くの幻想であるのに、
その問題に終始することによって、かえってその問題のある
世界にリアリティーを与えているのではないかと思うのです。

「問題」と「解決」は、この世界の二元的なトリックかもしれません。

陰が陽を生み、陽が陰を生むように、「問題」が「解決」を生み
「解決」が「問題」を生み続ける。

ある人が「問題」を解決すると同時に、その「解決」が別の人の
問題となる・・・。

では、この世界に全く問題はないと思うことは、単なる現実逃避
でしょうか?

いやそれが面白いことに、この世界に問題がないと思うことは、
問題のある世界を「現実」とするよりも、全く問題がない神の世界を
「現実」として生きることを選択することになるのです。

でも全く問題のない神の世界は退屈だし、それじゃ人間は進歩
しないよ。だから問題のあるこの世界に生まれるのじゃない。

と地球上でささやかれるスピリチュアル系のメッセージは、
そう教えるかもしれません。

ただ僕は、最近僕らがこの世界に生まれる理由は、この問題ある
世界で魂を成長させるためではなく、単にこの問題ある世界が幻想で
あることに気づき、全く問題のない神の世界に戻ることなんじゃないかと
思うのです。

「この世界は、全く問題ない」

そう思うとね、矛盾した言い方なんだけど、不思議とこの世界の問題に
対するインスピレーションが無限に湧いてくるんです。

でも別にそのインスピレーションはどうでもよいのです。

だって、この世界に問題はないだもの(笑)


☆***********************************************
レイキ=大宇宙のエネルギーと共に暮らす、スピリチュアルなライフスタイルの提案
anubis22のサイト:「太陽レイキ」


スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • 10:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
それで、いいのだ。笑

チベット人は、
「はじまりも終わりもなく、
土台も足場も根拠もない“空”の中に
単独者として、
たった一人で有限の生命を生きる者が
人間なのだ。」
という認識を持っていたらしいですわ。
アボリジニは、
「あらゆる生命は、
“ドリームタイム”からやってくる。」
と、信じていたんでしたわね。
ある霊能力者は、
「次元のはるか彼方に、
あらゆる時代、あらゆる種類の、
人間の意識の集合体があって、
何かのきっかけで、
一人の人間の意識を特定できた時に、
霊視という現象が起きるのだ。」
と、言っておられました。
日本にもやはり、
分霊(わけみたま)という考え方があります。

♪ぼんぼんばかぼん、ばかぼんぼんっ♪
  • 2009/07/19 1:23 PM
シンクロ?
私も最近ほぼ同じ事を思っていました。

痛みと喜びの区別がつかなくて。
痛みすら、感情というバイブレーションを震わす
アソビのひとつのような気がするのです。

今の私は満たされている。
そう思った時、
じゃあ、次に何をしようか…と考えて
真っ白になって固まってしまいました。
私は長いこと「問題解決=成長」というゲームにはまりすぎて、
ほかのやり方を忘れてしまったようです。
…あともうちょっとで抜けられそうな気がするのだけど。


  • 妹。
  • 2009/07/20 12:35 AM
☆.さん

天才バカボンは、まさにタロットの愚者
でしょうか(笑)

ホントに「これで、いいのだ」につきますね。

僕らは太陽は東から昇って、西に沈むと
思い込んでますが、西から昇って、東に
沈むでも全然いいわけです(笑)
「”人間の進歩”・・・何処へ向かっているのか?」
と言う、問題を抱える毎日です。
。。。

嘘です。

目の前の出来事を処理するのに
イッパイ、イッパイの毎日です。
だから、幸せだったりして・・・テヘヘへ。
☆妹.さん

痛みと喜びは、同じものの違う側面。
この二元性の世界では、苦痛がなければ
喜びは感じられないし、歓喜がなければ
苦痛は感じられない。

もちろん、この堂々巡りの経験の中から
魂は成長するという考え方も出来ます。

でもそもそも「魂」に成長は必要なの?

成長や進化こそ、未熟や原始的という
前提の中で語られる二元性のトリック
でしかありません。

「魂」は二元性という牢屋の中では
本当は語ることが出来ません。

目の中の丸太である二元性という幻想
を拭った時、僕らは本来の「自由」に
復帰するのでしょうね。
☆鍼美さん


先日は、ありがとうございました!

鍼美、和心美、アヌ美の三美一体の
会話たのしゅうございました!

目の前の出来事を処理する以外、本当は
なにもする必要がない・・・。

のかもしれませんね!
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links