スポンサーサイト

  • 2016.02.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


この世界は、なぜ戦争が無くならないのだろう?

広島・長崎、そして15日の終戦記念日、今年は「集団的自衛権」
の話題も相まって、「戦争と平和」というテーマを考える人も
多いのではないでしょうか。

「この世界は、なぜ戦争が無くならないのだろう?」

たぶん、この疑問は誰もが思うところでもあると思います。

日本人の僕らにとって、「戦争」が無いことは、今や当り前のような
感覚で捉えていますが、人類の歴史において有史以来、「戦争」が
無かったことはほとんどありません。

つまり、この世界に、男と女がいるように、はたまた夜と昼がある
ように、「戦争と平和は常にある」と、そろそろ考えた方がよいの
かもしれません。

もし「男」に「女」が必要なように、僕らが考える「平和」という
ものに、そもそも「戦争」が必要であったらどうでしょう?

もしかしたら、僕らは戦争があるから平和を実感でき、平和が
あるから戦争を求めるのだとしたら。

これは、この世界の「相対性」、はたまた「二元性」を考える上で
持っていこいのテーマです。

僕らが「平和だな」と感じる時、いったいどういう構造で「平和」
と感じているのでしょうか。

たぶん、「戦争」がある悲惨な地域をニュースなどで見て、自分たち
の地域は「平和」だと考えるかもしれません。

はたまた、辛い人生を送っている人や、苦しい立場にいる人を見て
「自分は平和だな」と思うかもしれません。

そういった比較して得られる「平和」というのは、「相対的平和」と
いって実際、「戦争」という比較対象があるからこそ得られる「平和感」
ということになります。

この場合、長らく「平和」が続くと、その平和感が感じにくくなって
来るので、どうしてもその平和感を揺るがす対象が必要となってきます。

これは、意識的と言うよりも無意識的に求めると言った方がよいかも
しれません。

今の日本もまさにそういった平和感のマンネリ化が、戦争という刺激を
どこかで求めているように思えます。

「戦争」という種の投下は、人々を刺激します。

反対する人も同じです。「戦争反対」という戦いを行えることによって
アドレナリンが分泌されます。

「平和」を守るための「戦い」は、人類にとって一番の好物となり得る
のです。

それでは、この世界から「戦争」がなくなることはないのか?

人々が相対的な平和を求めている限りは、「戦争」は決して無くならない
でしょう。

「戦争」がなくなるためには、そもそもこの世界の相対性という
無限ループから、僕らのこころが抜けださなくてはなりません。

つまり、世界が、そして自分の身の回りが、戦争状態であろうが、
平和状態であろうが、僕らは常に変わらぬ平和なこころでいる
ことができるか?

平和なこころで、「戦争」を、そして「戦争をする人たち」をゆるせるか?

逆説的に聞こえるかもしれませんが、これが相対性という無限ループを
超えた「絶対的平和」というものなのかもしれません。

相対的平和から絶対的平和へ、多くの人々のこころが移行すれば、
この世界に「戦争」そのものが必要なくなる。

逆に言えば、この世界にいまだ「戦争」があるなら、僕らのこころは
いまだ「戦争」を必要としているとも言えるのかもせれませんね!

 

8年の歳月を経てメグリメグッて自分のタイムラインで完全に忘れていた自作物をみる衝撃

昨日、仕事仲間と食事をしていて、facebookみたいな
SNSは「麻薬」みたいなものだという話になった。

つまり発信ということであれば、ブログやHPにちゃんと
書いた方が、その時見てくれなくても、検索に引っかかる
ようになれば、その情報が必要な人が必要な時に見てくれる
ようになる。

でも、facebookとかに書き込めば、とりあえず「いいね!」が
もらえて、みんなが見てくれたという実感があり、発信した
達成感というか、気持ちよさが手頃に感じられるので、
手応えのないブログを書くより、ついついSNSに書き込んで、
発信した気になっちゃうだよね〜的な話でした。

そして今日、いつものようにチラチラとfaecbookを見ていると
どうもどこかで見た「図解」を、フォロアーがシェアしていた。

しかも500件近くの「いいね!」がされていて、いくつもの
コメントが付いている。

「ふ〜ん」と思い、よくよくその図解とそれに関する書き込みを注視
してみると…。

なんと、それは僕が8年前にあるブログで書いたものなのでした(笑)

その図解がコレ





ていうか、ワードで作ってますよね、この図(汗)

は、恥ずかしい…。(この頃はイラストレーターを使えなかった)

思わず、その発信者に「ちゃんとイラストレーターで作りなおすので
張り替えてくださ〜い」とコメント入れたくなっちゃったのですが、
その人も出典元を明らかにしておらず、完全にこの図解がひとり歩き
している状態なので、コメントしたところで単なる売名行為になって
しまうので、辞めました(笑)

ともあれ、8年の歳月を経て、メグリメグッて自分のfacebookの
タイムラインで、完全に忘れていた自作物をみる衝撃。

多分コレって、初めて見る建物なのに、どこかで知っていると感じたら、
実際に前世の自分が作ったものだったというような感覚と似ているので
しょうか(笑)

昨日の食事の席での話と相まって、完全なる教訓話になってしまいました。

やはり、手軽さや刹那的快楽より、ちゃんとHPやブログに残るもの
を書けば、長い月日を経ても、今必要な人に、必要な情報として伝わる
ものなのだと。

人生もしかりですね。

よく「未来の子どもたちのために!」とかいいますよね。

でも、それって本当は「未来の自分のために」ってことなのかも知れません。

いま自分たちが作ったものは、未来に生まれ変わる自分のためになるのだと
思えば、人々の人生観ってスゴく変わるかもしれませんね!

そんなわけで、この教訓を活かすべくこのブログ

2ヶ月ぶりに更新してみました。

手応えなくても

がんばりま〜す(笑)

 

最近、神オーラがなくなった?

JUGEMテーマ:こころ
つい先日、ある人に「最近、神オーラがなくなった?」
と言われました(笑)

もともと「神オーラ」なんてありませんが、確かに
スピリチュアル的な発言は影を潜め、どこで仕入れてきたか
わからないような不思議な情報で、回りを圧倒するようなこと
なくなってきました。

そいう意味では、僕もやっと「普通の男の子」に戻りつつ
あるのかもしれません。

と言っても、もう40半ばですが(笑)

理由としては、やはり年齢的なものでしょうか?
立場的にも、そうそう不思議な事ばかり言ってられなくなり
蓄積される知識やしがらみが、30代までの自由なインスピレーション
を阻んでいるのかもしれません。

また、最近は携帯はまだ持っていないのですが、タブレッドを持ち
常に巷の情報の中にいるようになり、いわゆるスピリチュアルな
次元にアクセスする時間が少なくなってきたとも言えます。

でもね、実はもっと大きな理由があるのです。

それは、「ACIM(奇跡のコース)」というメソッドを実践したが
ためのこころの変化ということです。

つまりね、コースを実践してから、「特別な情報」というものが
自分の中で必要ではなくなってしまったのです。

そして、そのみんなが知らない「特別な情報」を伝えることによって
人々の「悩み」や「苦しみ」を癒やしたいという欲求が無くなって
しまったのです。

そもそも人々の悩みや苦しみ、人類や地球の危機的な状況という
ものが、実際には「無い」ということに気がついてしまったのです。

ゆえに「それら」を逆転させる「特別な方法」や「特別な人」も
必要ないと知ってしまったのです。

多分「神オーラ」なるものが僕にあったとしたら、それは僕が
「特別な方法」を知っている「特別な人」としての使命感や自負の
現れだったのでしょう。

そして、それがある種の「鎧」だった事は、今になってよくわかります。

だから、今は「最近、神オーラがなくなった?」と言いわれるのは
結構本望なのです(笑)

「普通:特別」

これは、いわゆるスピリチュアルな思想の中にも巣食う相対性という
落とし穴です。

僕は、この「普通」と「特別」という相対性を超えた、絶対的な領域
の中で、やっと「鎧」を脱ぐことができるようになったのかもしれません。

というわけで、僕は…

「普通の男の子に戻ります!」

と言っても、もう40半ばですが(笑)



 

ジャンヌ・ダルクが、いろんな大人たちの思惑で、 最後に魔女裁判にかけられたような

うちにはテレビがないので、基本、世間を騒がす
ニュースにはあまり関心がないのですが、どうにも
気になるのが小保方さん関連の話題です。

何でこうも気になるのかなと考えて見ると、
今回の件は、僕らマクロビオティックに関わって
きた者にとっては、どうにも苦々しい思い出を
喚起してしまうのでしょう。

「生体における原子転換」「腸造血説」など、
マクロビオティックにおいて支持して来た学説は
いまだ学会では黙殺されて、ある意味、トンデモ説
として片付けられ、マクロビオティックそのものに
おいてもメディアでは、ここ最近まで全くと言って
いいほど無視され続けました。

今でこそ、ちょくちょくメディアで取り上げされ始め
ましたが、今だモデルさんや芸能人は、テレビで
マクロビオティックを実践していることを公言しない
ように事務所から注意されるそうです。

それは、現在のメディアが食肉業界や医薬品業界、
ファーストフード業界などの出資で成り立っている中で
「薬も肉もいらないライフスタイル」なんて到底宣伝
できませんよね(笑)

僕らもそれは合点承知の助で、あえてメディアの及ばない
オルタナティブな業界を作って、じみ〜に草の根活動で
普及する道を選んできたのです。

なぜって、あまり目立つ活動をすると、運動そのものが
アノ手コノ手で潰されちゃうからなんです。

つまり陰性な運動を気長にやって行くことによって、
陰が陽に転換する時期を待つという実にマクロビオティック
的な手法を選ばざるおえなかったわけですね。

そういう見方をして行くと、今回の「stap細胞」は、
ちょいと派手に打ち上げ過ぎたんじゃないでしょうか?

問題は、先行の万能細胞「ips細胞」との比較する形で
打ち上げてしまったことだと思うのです。

「iPS細胞より安全」
「iPS細胞にはガン化のリスクがあるが、STAP細胞にはない」
「iPS細胞より作製が簡易で早い」

上記が事実はどうか分かりませんが、「ips細胞」は
今まさに多くの大手企業が先行投資して、巨大な
ビジネスに成長し始めた大切な時期です。

以下のips細胞企業一覧をみても、テレビコマーシャルで
見ないことはないそうそうたる巨大企業ばかりです。

https://www.asset-alive.com/report.php?mode=show&rpid=2526

これらの企業にとって、「stap細胞」は、マクロビオティック
みたいなものです。

「(玄米は)薬より安全」
「肉にはガン化のリスクがあるが、玄米にはない」
「(玄米は)薬より作製が簡易で早い」

と言っているようなものです(笑)

小保方さんには、ちょいと大きすぎる相手です。
そりゃ理研も、これらの企業から圧力を加えられたら
慌てふためいて小保方切りをせざるおえないでしょう。

そんなわけで、結局のところ、目立ちすぎちゃったんですね。
それだけ、小保方さんがキャラ立ちしすぎてたんでしょうね。

上げてから落とすというのは、メディアの常套手段では
あるのですが、小保方さんの場合は、これだけ上がっちゃうと
大人たちの都合で、落とさざるおえない状況になっちゃったん
だと思いますよ。

まさにジャンヌ・ダルクが、いろんな大人たちの思惑で、
最後に魔女裁判にかけられたように。

でもまぁ、今までメディアや企業の有効だった手法が、
どこまで通用するかわからない時代になりりつつあるのも
確かです。

マクロビオティックですら、取り上げられる時代に
なりつつあるのですから(笑)

さてさて、小保方問題、今後どういう展開になるのか。

このまま闇に葬られるような簡単な時代ではないでしょうね!
 

超常現象の解

たまたま機会があって、久々に『NHKスペシャル』というものを
見ました。

ちなみに、「さむらごっち」ではありません(笑)

超常現象がなんたらという、科学で前世やらテレパシーなどを
分析する番組です。

とても示唆のある番組でした。

というのは、いまだに現代科学は、こういう所にいるのか!
という愕然たる衝撃。

最新科学って10年位遅れてるんじゃないの、というとても矛盾
した感覚に陥りました(笑)

そして、科学の根本的な原理には、やはり西洋的な個人主義と
いうものが根強く、個別的な意識があるという「リアリティー」
の幻想が、彼らを支配しているのだなぁとつくづく感じました。




結局は、「意識」をどの観点から見るかということだと思います。

多分、みんな、「自分の意識」とか「誰々の意識」という個別の
意識が、確固としてあるかのように思い込んでいるんでしょうね。

でも意識というものが、本当は一つしかないと考えれば、
超常現象なんて、ただの日常現象になってしまいます。

個々の意識とは、単に「肉体」に付随する大きな意識の断片で
しかない。

それは同じものがない身体の動作環境によって、様々な意識の
ダウンロードが行われ、それがあたかも「自分の意識」だと思って
活動している端末ロボットのようなものかも知れません。

インターネットの構造や、集合知やシェア、そしてフリーの概念が
これだけ浸透し始めた世界にあって、科学の分野だけが、個体性に
こだわるばかり、とても前時代的になりつつあるように感じます。

まぁ、番組でも言っていましたけど、こういう超常現象を科学で
研究しようという研究者が出てきたことは、やはり科学の世界も
変化の兆しができて来たと捉えることもできるでしょう。

ともあれ、今は「個体性」と「全体性」が引っ張り合う時代。

個体性という陽性な時代から、意識の広がりという陰性な時代へ
のシフトの最中、様々な引っ張り合いを楽しみつつ眺めている
今日この頃です。

 

profile
anubis22
anubis22のTwitter
  
selected entries
categories
              
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
archives
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links